Outdoor Outfit Cafe

『Outdoor Outfit Cafe』メールマガジンの登録・解除はこちらから

■ おいしいご飯を炊こう ■


 ご存知のとおり、日本には飯盒というgoodでniceなクッカーがあります。洗練されたフォルム、中ぶたがお皿に、外ぶたはフライパンになる機能性、渋い大人のブラック(たまに赤もあるけど)。これぞまさに世界に誇るクッキングギア!
 っといいたいけど、焚き火炊飯には絶大な威力を発揮する飯盒も、多くのキャンプ場で焚き火禁止が当たり前になって、コンロ(バーナー)が熱源の主流になった現在では、あの底の形状はコンロの火口にマッチしておらず、林間学校とかのイベントぐらいにしかお目にかかれなくなった、時代遅れの品になってしまいましたね(サマースクールといわず林間学校なんて書いている私も時代遅れ?)

食欲の秋。お米がおいしい季節になりました。
今回はご飯の炊き方です。

●研ぐ
 以前はキャンプや山に行く前に、自宅でお米を研いで乾燥させておきましたが、今はもっぱら無洗米を利用しています。排水施設の未整備な場所が多いので、環境に悪いとぎ汁はあまりださない方がいいですね。
 お米を研ぐのは精米した米の表面のでこぼこに入り込んでいるぬかを取り除くために行います。ぬかがあると炊き上がったご飯がぬか臭っ状態になります。
 現在市販されている無洗米の7割が精米したお米を金属の円筒に入れて内壁ににぶつけてぬかを壁に付着させる方式でつくられているそうです。ちなみにこの無洗米を洗ってみると、普通米を4〜5回洗った後のとぎ汁程度の濁りしかないそうです。91年この方式を開発されました(お米なのに豆知識)。

●水張り
 お米を洗ったら、水を張ります。よくお米の上面に人差し指を立て、第1関節のところまで水を入れると言いますが、試してみると本当に大体それぐらいで丁度になります。先人の知恵 恐るべし。
 充分に水を吸わせたほうが、うまく炊き上がるので、なるべく早めにやっとくに越したことはないけど、そこらへんに置いておくと、たいてい誰かが蹴っ飛ばしてぶちまけてしまうので(夕食おじゃん)、くれぐれも置き場所には気を付けよう。
 高所では沸点が低いので、水の量は一割増しぐらいにすると、丁度いいと思います。


●ここで一工夫
 ふたと鍋の間にアルミ箔をはさみ、蓋に重石をすれば簡易圧力鍋になります。適当な重石がないときは、別の鍋に水を入れて代用しよう(前に、泥のついた石を使って悲惨な目に遭った私。そう中に泥が入っちゃったのさ)。
 僕の使っているガスコンロは、ガスカートリッジの上にバーナーヘッドがつくタイプなので、その上にお鍋と重石を置くと不安定な状態になるので、なるべく平らな場所で炊飯します。

●炊く
別に大した方法ではありませんが、僕の炊き方はこんな感じです。
(1)まずは強火に掛けて、沸騰したらふたを開けてかき混ぜる。これで温度むらがなくなる。
(2)また蓋をして、ふきこぼれない程度の火力にして、水蒸気の勢いが弱くなるまで、ほっときます。
(3)水蒸気の勢いが弱くなったら、ここからが腕の見せ所。僕はお鍋の前に座って、おこげの香りがしてくるまで、じっと待っています。これを怠ると、おこげじゃなくて炭が出来て、なべ底に焦げがこびりついて後始末が大変です。
このときトロ火(超弱火)にするけど、バーナーによってはこのトロ火がうまく出来ないのがあります。ガスバーナの場合、火力調整ノブの先に円錐形の器具があり、ノブを回すことによって、この器具がガスの通り道を遮断するように、出っ張ったり、引っ込んだりして、ガスの通りを良くしたり、悪くしたりして、火力調整をしています。
  このノブを回すのではなく押すと、微妙に円錐器具の出っ張り具合を調整でき、トロ火にすることが出来る機種が多いので、試してみてください(^^)。ただし、弱火を続けるなら押し続けなければいけないけど……。
 トロ火に出来る網も売り出されているので、それを使うのも手です(僕は、旧式でアスベスト−石綿−が使用されている網を使用していますが、お鍋とバーナヘッドの間に敷くだけで、簡単にトロ火ができます。勿論今売っているのは、アスベストなど使われていません。ご安心を)。
(4)おこげの香りがした瞬間に火を止める。
(5)広げたバンダナの真中に鍋を置き、バンダナの対角の隅同士を結んで鍋を包み、蓋が取れないようにします。
(6)鍋を逆さひっくり返して、底をぽんぽんと叩いて、そのまま5分ぐらい蒸らします。このとき、タオルや衣類で包んで保温しておくと、後で温かいご飯が食べられます。

 うまく炊き上がったご飯には、かに穴という穴が空いています。蓋を開けたときに、かに穴が出来てるおいしいご飯にトライしてみてください。
 もし不幸にもご飯に芯が残ってしまったら、ご飯にお酒はふりかけて2、3分炊きなおしてみてください。芯が取れておいしく炊き上がります。お酒の量は米2〜3合で大さじ一杯ぐらいです。


 よくはじめちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣いても蓋取るなっていわれるけど、なんで赤子泣いたら蓋のこと気にするのかな〜?
普通、蓋のことより、まず赤ちゃんをあやすんじゃないの?

もし読者の方で知っている方がいましたら教えてください。







© Outdoor Outfit Cafe  Since 2005.dec. All Rights Reserved.

















inserted by FC2 system